エコ

工場で省エネを決行しよう|エコにも繋がる

  1. ホーム
  2. 電気料金を抑制する方法

電気料金を抑制する方法

男性

デマンド値をコントロール

電気代を節約するための装置としてデマンドコントロールを導入する工場などが増えています。このデマンドコントロールとは、簡単に言えば電気料金の内訳である基本料金の契約電力が上がらないようにするための装置です。電気料金は、基本料金と使用料金から構成されますが、基本料金は前年度における最大デマンド値によって決まってきます。最大デマンド値とは、30分あたりの平均電力のことを言い、1日の中で一度でも最大デマンド値になれば、その値をベースとして基本料金が決まってしまいます。エアコンの使用を抑制することで使用電力を抑制したとしても、一度でも油断してしまって最大デマンド値が上昇すれば、その値がベースになります。そうならないために、最大デマンド値を更新しそうな場合に警報したり、消費電力を抑制したりする装置がデマンドコントロールなのです。デマンドコントロールをしても、それほど大きな節電効果がないのではと考えるかもしれませんが、実際に工場などの場合には、毎月の電気料金は非常に大きくなりますので、年間にすれば100万円以上の差になることも考えられます。一般家庭では基本料金の区分が多少変わっても電気料金の大きな変動はありませんが、企業にとってはデマンドコントロールによって大きな節電効果が期待できます。全体のデマンドコントロールをするだけでは、1台1台のエアコンに負荷がかかることがあるので、最近ではそれぞれのエアコンのデマンドコントロールを全体として行うようなシステムも導入されています。