植物

工場で省エネを決行しよう|エコにも繋がる

男性

電気料金を抑制する方法

電気料金の中でも基本料金は30分間の平均使用量、いわゆるデマンド値で区分が決まってきます。そのため、デマンド値を一定に抑制するデマンドコントロールと呼ばれる装置が導入されつつあります。デマンドをコントロールすることで電気料金を抑制することができます。

エコだけではありません

工場

5Sの観点

物作りの現場である工場は、当然製造業にとって中心となる場所となります。どこの企業も、なるべく良いものを安いコストで作る事を目標としていますから、工場の省エネは常に目標の一つとなっています。ただ、工場の省エネはよくよく考えると、コストダウンだけでなく品質向上など様々な効果を産む事が分かります。例えば、工場と言えば沢山の工作機械が動いている場所です。工作機械は、電気で稼働するものが殆どですから、電気消費量を抑える事が出来れば省エネとなります。その具体的な方法としては、工作機械を使用する時間を定め稼働時間を減らす以外にも、手入れをしっかりと行い清潔に保つことで効率的に工作機械を使用出来るようにする等、様々です。つまり、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)の観点で工作機械の手入れをする事が省エネにつながります。更に、製造業ではよく知られている事ですが、5Sが行き届いている工場は、作業員の士気も高くミスが少なく、非常に効率的に物作りを行える環境にあります。5Sの観点で省エネを行って行くことで、コストの削減以外にも、経営に好影響を与える可能性が高いのです。工場で省エネを考える場所は、当然工作機械以外にも沢山あります。照明を省エネのものに取り換えたり、工場内の通路を整備したりと見る場所は多いですが、いずれの場所も5Sを意識して改善を行う事が大切です。省エネ化をきっかけとして、整備された清潔な従業員への躾が行き届いた工場にすることで、より良い物を作り出せる環境を整えるのが重要です。

作業員

使用電力を管理する

使用する電力を、デマンドコントロールシステムで管理することで、節電対策をすることが可能になります。最大デマンドを使用者が設定することで、電力使用が設定値に近づくと、アラームで知らせたり、自動制御で電力を抑えるシステムです。月数千円から導入も可能で、使用することで常に節電を意識することが出来るのです。

女性

電気料金を下げる仕組み

デマンドコントロールはデマンド値を監視し抑制するものです。デマンド値は電気料金を決めるための値でデマンド値の高さで使用電気量が決まります。しかし、デマンド値が高いほど電気料金が高くなるため、デマンドコントロールシステムではデマンド値を最小限のものに抑制することで、電気料金を下げることができます。